活動実績(過去5年間)

外部資金等

2018年度 平成30年度受託研究費(民間企業):高尾泰昌(分担) 『閉鎖型植物工場において富山大学薬学部附属薬用植物園が提供し得る品種の栽培指導』 平成30年度産学官イノベーション推進事業【新商品・新事業創出枠】(富山県新世紀産業機構):八田秀樹(分担) 『海洋深層の有するホメオスタシス維持能を活用した新しい鮮魚保存法の検証』
2017年度 平成29年度受託研究費(民間企業):高尾泰昌(分担) 『閉鎖型植物工場において富山大学薬学部附属薬用植物園が提供し得る品種の栽培指導』 平成29年度新商品・新事業創出公募事業:バイオ、医薬工分野(富山県新世紀産業機構):八田秀樹(分担) 『超音波装置を併用した組織標本作成の迅速化と標準化に向けた研究開発』
2016年度 平成28年度学長裁量経費:高尾泰昌(分担) 『過重力処理を用いた栽培技術の応用展開-モデル植物から薬用・資源植物へ-』 平成28年度新商品・新事業創出公募事業:バイオ分野(富山県新世紀産業機構):八田秀樹(分担) 『炎症性腸疾患をターゲットとする新規機能性乳酸菌飲料の開発』 平成28‐29年度深層水産業推進事業 深層水利用研究費(富山県):八田秀樹(分担) 『海洋深層水からの新機能性飲料の研究開発-炎症性腸疾患の症状改善を目指して-』
2015年度 平成27年度科学研究費補助金(日本学術振興会:奨励研究):西田健志(代表) 『地域伝承発酵食品が有するメタボリックシンドローム改善効果の検証と機能性物質の探索』 平成27年度富山県委託研究(商企第78号):八田秀樹(分担) 『海洋深層水中成分の健康増進効果に関する調査研究』 平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン):バイオ技術(平成27年度~平成29年度/経済産業省):八田秀樹(分担) 『再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発』
2014年度 平成26年度新商品・新事業創出公募事業:バイオ分野(富山県新世紀産業機構):八田秀樹(分担) 『体内に蓄積した重金属の排出を促し、毒性を緩和するサプリメントの開発』 平成26年度受託研究助成(グンゼ株式会社):八田秀樹(代表) 『紅麹の副作用に対する安全性の検証』

著書

  • 八田秀樹『標本道場・初心者編 染色』サクラファインティックジャパン、1~7頁、2018年
  • 村上芳哉『改訂新版 日本の野生植物4』平凡社、PL.217(2017)
  • 八田秀樹『臨床検査』医学書院、502~504頁、2017年(増刊号)
  • 八田秀樹『Medical Technology』医歯薬出版、864~869頁、2016年
  • 八田秀樹『最新 マイクロ波エネルギーと応用技術』産業技術サービス、817~822頁、2014年

論文

2018年度

  • Kokaji E, Shimomura A, Minamisaka T, Nakajima T, Miwa S, Hatta H, Nishida T, Kiya C, Imura J. Endoglin (CD105) and SMAD4 regulate spheroid formation and the suppression of the invasive ability of human pancreatic cancer cells. Int J Oncol. 2018 ;52:892-900.
  • 林由美子:特集眼底視野計の進歩4眼底視野計を用いた偏心視獲得訓練.眼科60:591-595、2018.
  • 八田秀樹:病理業務における試薬の管理について.生理学技術研究会報告(2018)40:166-167
  • Masaaki Kawakami, Mizuki Hattori, Wakana Ohashi, Toshio Fujimori, Kohshi Hattori,Mariko, Takebe,Kengo, Tomita,Hiroki, Yokoo,Naoyuki, Matsuda,Mitsuaki, Yamazaki, Yuichi Hattori: Role of G protein‐coupled receptor kinase 2 in oxidative and nitrosative stress‐related neurohistopathological changes in a mouse model of sepsis‐associated encephalopathy. J Neurochem. 2018 Jun;145(6):474-488.
  • Y Ono, M Nagai, O Yoshino, K Koga, A Nawaz, H Hatta, H Nishizono, G Izumi, A Nakashima, J Imura, K Tobe, T Fujii, Y Osuga, S Saito.CD11c+M1-like macrophages but not CD206+M2-like are involved in folliculogenesis in mice ovary.Scientific Reports.2018;8:8171(1-10)

2017年度

  • 八田秀樹、中嶋隆彦、常山幸一、井村穣二:神経内分泌腫瘍の同定 - 好銀性染色と免疫染色 -.生理学技術研究会報告(2017)39:106-107

2016年度

  • 林由美子:富山大学附属病院眼科におけるビジョンエイド外来の現状. 日本視能訓練士協会誌45:285-291、2016.
  • 八田秀樹、常山幸一、井村穣二:αリポ酸が有するデトックス効果-カドミウム障害の軽減効果の検証-.生理学技術研究会報告(2016)38:138-139
  • Mizuki Hattori, Mitsuaki Yamazaki, Wakana Ohashi, Satoshi Tanaka, Kohshi Hattori, Kenichiro Todoroki, Toshio Fujimori, Hiroshi Ohtsu, Naoyuki Matsuda and Yuichi Hattori. Critical role of endogenous histamine in promoting end-organ tissue injury in sepsis. Intensive Care Med Exp. 2016 Dec;4(1):36.
  • Tetsuyuki Takahashi, Takeshi Nishida, Hayato Baba, Hideki Hatta, Johji Imura, Mitsuko Sutoh, Syunji Toyohara, Ryoji Hokao, Syunsuke Watanabe, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara and Koichi Tsuneyama. Histopathological characteristics of glutamine synthetase-positive hepatic tumor lesions in a mouse model of spontaneous metabolic syndrome(TSOD mouse).Mol Clin Oncol.2016;5(2):267-270
  • Takahashi T, Nishida T, Baba H, Hatta H, Imura J, Sutoh M, Toyohara S, Hokao R, Watanabe S, Ogawa H, Uehara H, Tsuneyama K. Histopathological characteristics of glutamine Synthetase-positive hepatic tumor lesions in a mouse model of spontaneous metabolic syndrome (TSOD mouse). Mol Clin Oncol. 2016 Aug; 5(2): 267-70
  • Yoshihisa Y, Andoh T, Matsunaga K, Shimizu T.; Efficacy of the astaxanthin for the treatment in a murine model of atopic dermatitis. PLos One. 29;11(3):e0152288, 2016.
  • Nishida T, Tsuneyama K, Fujimoto M, Nomoto K, Hayashi S, Miwa S, Nakajima T, Nakanishi Y, Hatta H, Imura J. Aberrant iron metabolism might have an impact on progression of diseases in Tsumura Suzuki obese diabetes mice, a model of spontaneous metabolic syndrome. Pathol Int. 2016 Nov;6(11):622-8.

2015年度

  • 林由美子:黄斑部疾患に対する眼底視野計maiaTMを用いた偏心視獲得訓練の効果.あたらしい眼科32:144-148、2015.
  • 八田秀樹、常山幸一、井村穣二:切り置き切片の抗原陰性化を改善する新しい抗原賦活法の検討.生理学技術研究会報告(2015)36:106-107
  • Tetsuyuki Takahashi, Hayato Baba, Hideki Hatta, Hirohisa Ogawa, Hisanori Uehara, Yoshiyuki Nishida, Iwao Kataguchi and Koichi Tsuneyama: Oral administration of α-lipoic acid increases serum levels of ascorbic acid and tocopherol:A pilot hematological staudy.Curr top nutraceut res.(2015)13(3):161-165
  • 八田秀樹,常山幸一,溝口訓弘:富山湾海洋深層水を利活用した医療分野への取り組みと商品開発.海洋深層水研究 16(2):66 2015
  • Nagata Y, Yoshihisa Y, Rehman MU, Matsunaga K, Kitaichi N, Shimizu T.: Role of macrophage migration inhibitory factor (MIF) in pollen-induced allergic conjunctivitis and pollen dermatitis in mice.PLoS One 10:e0115593, 2015.
  • Nakajima T, Sugiyama T, Baba H, Hatta H, Nishida T, Miwa S, Hayashi S, Tsuneyama K, Imura J. Bone metastasis in gastrointestinal stromal tumors preferentially occurs in patients with original tumors in sites other than the stomach. Int J Clin Exp Pathol. 2015 May 1;8(5):5955-9.
  • Nakajima T, Yagi H, Baba H, Minamisaka T, Miwa S, Hayashi S, Nishida T, Hatta H, Tsuneyama K, Imura J. Complete resolution of pseudomalignant erosion in a reflux gastroesophageal polyp with proton pump inhibitor. Case Rep Pathol. 2015 Nov:657059.

2014年度

  • Hideki Hatta, Koichi Tsuneyama, Kazuhiro Nomoto, Shinichi Hayashi, Shigeharu Miwa, Takahiko Nakajima, Takeshi Nishida, Yuko Nakanishi, Johji Imura: A simple and rapid decalcification procedure of skeletal tissues for pathology using an ultrasonic cleaner with D-mannitol and formic acid. Acta Histochemica116(2014)753-757
  • 八田秀樹、常山幸一、井村穣二:超音波照射を応用した迅速で安定した神経・髄鞘染色―プロトコールの確立―.生理学技術研究会報告(2014)36:106-107
  • Inoue R, Yoshihisa Y, Tojo Y, Okamura C, Yoshida Y, Kishimoto J, Luan X, Watanabe M, Mizuguchi M, Nabeshima Y, Hamase K, Matsunaga K, Shimizu T, Mori H.: Localization of serine racemase and its role in the skin. J Invest Dermatol., 134: 1618-1626, 2014.
  • Yoshihisa Y, Norisugi O, Matsunaga K, Nishihira J, Shimizu T.:Involvement of MIF in Basement Membrane Damage in Chronically UVB- Exposed Skin in Mice. PLoS One 9: e89569, 2014.
  • Yasuda C, Enomoto E, Ishiwatari S, Mori N, Kagoyama K, Matsunaga K, Yoshihisa Y, Matsukuma S, Shimizu T.: Macrophage migration inhibitory factor (MIF) in the stratum corneum: A marker of the local severity of atopic dermatitis. Exp Dermatol. 23:764-766, 2014.
  • Hayato Baba, Koichi Tsuneyama, Takeshi Nishida, Hideki Hatta, Takahiko Nakajima, Kazuhiro Nomoto, Shinichi Hayashi, Shigeharu Miwa, Yuko Nakanishi, Ryoji Hokao, Johji Imura: Neonatal streptzotocin treatment causes type 1 diabetes and subsequent hepatocellular carcinoma in DIAR mice fed a normal diet.Hepatology International(2014)8:415-424
  • 田中高紀、山口桂、八田秀樹、中村昇二、藤高仁、儀間真一:機器・分析技術研究会-20年の歩み-.平成26年度北海道大学総合技術研究会報告(2014)08-10
  • 八田秀樹、常山幸一、井村穣二:迅速で再現性の高いKB染色法の標準化.平成26年度北海道大学総合技術研究会報告(2014)07-03

学会・研究会等

2018年度

  • 井出悠斗、李貞範、山村良美、村上芳哉、黒崎文也;薬用植物ヒキオコシ由来ジテルペン生合成酵素の解明:日本生薬学会第65回年会(広島)(2018.9.16-17)広島
  • 中嶋隆彦、西田健志八田秀樹、南坂尚、三輪重治、井村穣二.Renal tubular dysgenesisの一剖検例(第107回日本病理学会総会 平成30年6月21日~23日 札幌)
  • 南坂尚、下村明子、西田健志八田秀樹、中嶋隆彦、三輪重治、井村穣二.高浸潤性肺ヒト腺癌細胞株の樹立と発現因子の検索(第107回日本病理学会総会 平成30年6月21日~23日 札幌)
  • 井村穣二、川口真一、高木康司、下村明子、目時珠穂、南坂尚、中嶋隆彦、三輪重治、西田健志八田秀樹.高浸潤性膵癌細胞株から樹立化され異なった挙動を示すサブクローン化細胞内で発現する分子の検索(第107回日本病理学会総会 平成30年6月21日~23日 札幌)
  • 谷畑昂士郎、高尾泰昌、他「過重力環境が薬用植物の生長に与える影響」:平成30年度第5回富山-バーゼル医薬品研究開発ジョイントシンポジウム

2017年度

  • 荒山駿介. 第19回解剖技術研究・研修会(日本獣医生命科学大学・2018.3.27)
  • 川部眞登、築尾嘉章、村上芳哉高尾泰昌辰尾良秋、黒崎文也、杉山洋行、守川俊幸;Calonectria sp. によるイトヒメハギ根腐病(新称):平成30年度日本植物病理学会大会(2018.3.25-27)神戸
  • 荒山駿介.第35回献体実務担当者研修会(愛媛大学・2017.11.24)
  • 森万菜実、三澤知央、飯田修、高尾泰昌辰尾良秋村上芳哉、黒崎文也、佐藤豊三;Rhizoctonia solani AG-5 によるトリカブト立枯病(新称):平成29年度日本植物病理学会北海道部会(2017.10.19-20)札幌
  • 佐藤豊三、廣岡裕吏、菱田敦之、林茂樹、安食菜穂子、飯田修、川原信夫、田村隆幸、辰尾良秋村上芳哉高尾泰昌、黒崎文也、一木(植原)珠樹、根本博;日本産薬用作物の主要5品目より分離された植物病原菌類:環境微生物系学会合同大会2017(2017.8.29-31)仙台
  • 林由美子、林顕代、奥村詠里香、中川拓也その他、富山大学附属病院における遮光眼鏡の処方状況:第18回日本ロービジョン学会学術総会(2017.5.20-21)岐阜
  • 一木(植原)珠樹、大橋美保、田村隆幸、辰尾良秋村上芳哉高尾泰昌、黒崎文也、佐藤豊三、花田薫、青木孝之;薬用植物ミシマサイコとカノコソウから見いだされた植物ウイルス:平成29年度日本植物病理学会大会(2017.4.26-28)盛岡
  • 佐藤豊三、廣岡裕吏、菱田敦之、林茂樹、安食菜穂子、川原信夫、田村隆幸、辰尾良秋村上芳哉高尾泰昌、黒崎文也、一木(植原)珠樹、根本博;トウキとミシマサイコから分離された植物病原糸状菌:平成29年度日本植物病理学会大会(2017.4.26-28)盛岡
  • 井村穣二、高木康司、下村明子、南坂尚、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、西田健志八田秀樹.膵癌の浸潤にはIL-32が関与する(第106回日本病理学会総会 平成29年4月27日~29日 東京)
  • 井村穣二、畠野真帆、下村明子、南坂尚、西田健志八田秀樹、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一.腫瘍細胞の極性に対するLiver kinase B1の関わり(第106回日本病理学会総会 平成29年4月27日~29日 東京)
  • 中嶋隆彦、西田健志八田秀樹、南坂尚、三輪重治、林伸一、井村穣二、吉井智美、堀隆.術前材料で上皮性成分として認識するのが困難であった子宮体部線肉腫の一例(第106回日本病理学会総会 平成29年4月27日~29日 東京)
  • 南坂尚、下村明子、八田秀樹西田健志、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、井村穣二.高浸潤能を有する肺ヒト腺癌細胞株の樹立(第106回日本病理学会総会 平成29年4月27日~29日 東京)
  • 南坂尚、江口基紀、西田健志八田秀樹、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、井村穣二.平滑筋成分を優位とする肺過誤腫の一例(第106回日本病理学会総会 平成29年4月27日~29日 東京)

2016年度

  • 西田健志.肥満・2型糖尿病マウスを用いた、メタボリックシンドロームに対する地域伝承発酵食品の有用性の検証:第28回生物学技術研究会(2017.2.16-17)岡崎
  • 八田秀樹、西田芳之、片口巌、常山幸一.αリポ酸の有効性と安全性-カドミウム障害に対するデトックス効果の検証-(第21回日本フードファクター学会学術集会 平成28年11月19日~20日 富山)
  • 中嶋隆彦、西田健志八田秀樹、南坂尚、三輪重治、林伸一、井村穣二、野本一博.子宮内膜症を背景とする類内膜腺癌を膣と直腸に異時性に発症した一例(第62回日本病理学会秋期特別総会 平成28年11月10日~11日 金沢)
  • 高尾泰昌村上芳哉辰尾良秋、山村良美、藤野廣春、黒崎文也;ハシリドコロ(Scopolia japonica)の持続的栽培法の検討(1):日本生薬学会第63回年会(富山)(2016.9.24-25)富山
  • 澤谷和子.富山大学におけるNMR・MSの共用化:機器・分析技術研究会(2016.9.8-9)名古屋大学
  • 井村穣二、高木康司、下村明子、西田健志八田秀樹、南坂尚、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一.高浸潤性膵管癌ではIL-32が浸潤を抑制している(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、南坂尚、八田秀樹西田健志、井村穣二.大腸癌原発の大細胞神経内分泌癌の1例(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、南坂尚、八田秀樹西田健志、井村穣二.小円形細胞腫瘍の組織像を呈した再発性GISTの1例(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 中嶋隆彦、南坂尚、三輪重治、林伸一、西田健志八田秀樹、井村穣二、向崇徳、野本一博、増田信二.くも膜下出血後に脾動脈瘤破裂をきたしたsegmental arterial mediolysisの一例(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 南坂尚、中嶋隆彦、八田秀樹西田健志、三輪重治、林伸一、小島勝、井村穣二.左上肢神経の走行に沿って進展した末梢神経性neurolymphomatosisの1例(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、南坂尚、八田秀樹西田健志、井村穣二.大腸癌原発の大細胞神経内分泌癌の1例(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 八田秀樹、中嶋隆彦、常山幸一、林伸一、三輪重治、南坂尚、西田健志、中西ゆう子、井村穣二.免疫染色におけるホウ酸含有緩衝液の有効性-室温放置により抗原性が減弱した標本の賦活法-(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 西田健志、常山幸一、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、南坂尚、八田秀樹、井村穣二.肥満・糖尿病マウスを用いた、メタボリックシンドロームに対する地域伝承発酵食品の有効性の検証(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 山本真樹子、高木康司、南坂尚、西田健志八田秀樹、三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、上田善彦、井村穣二.イタイイタイ病における腎病変は近位尿細管障害だけに限局しているのか?(第105回日本病理学会総会 平成28年5月12日~14日 仙台)
  • 井村穣二、高木康司、下村明子、南坂尚、三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、西田健志八田秀樹.IL-32は膵癌細胞の浸潤能を制御している(第75回日本癌学会学術総会 平成28年10月6日~10月8日 横浜)
  • A Kikuchi, Y Yamamura, Y Murakami, Y Takao, Y Tatsuo, F Kurosaki, JB Lee;Discovery of genes involved in onjisaponin biosynthesis from Polygala tenuifolia:9th Joint Natural Products Conference 2016

2015年度

  • 菊地天禎那、山村良美、村上芳哉高尾泰昌辰尾良秋、黒崎文也、李貞範;オンジサポニン生合成酵素遺伝子の探索:日本薬学会第136年会(横浜)(2016.3.26-29)横浜
  • 一木(植原)珠樹、長岡(中薗)栄子、大橋美保、佐藤豊三、花田薫、辰尾良秋高尾泰昌村上芳哉、黒崎文也、青木孝之、藤川貴史.薬用植物ジオウ類からの数種植物ウイルスの検出とそれらの塩基配列の解析:平成28年度日本植物病理学会大会(2016.3.21-23)岡山
  • 林由美子、入江真理、淵澤千春、林篤志、網膜色素変性患者への拡大読書器と文書読み上げ装置の選定:第16回日本ロービジョン学会学術総会(2015.11.21-22)東京
  • 八田秀樹、常山幸一、溝口訓弘.富山湾海洋深層水を利活用した医療分野への取り組みと商品開発(第19回海洋深層水利用学会全国大会2015 平成27年11月12日~11月13日 久米島)
  • 林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、八田秀樹西田健志、常山幸一、井村穣二.外胚葉形成不全症の1剖検例(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 常山幸一、馬場逸人、西田健志八田秀樹、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、須藤光子、外尾亮治、井村穣二.メタボリックシンドロームモデルマウスを用いた、マウス頻回肝生検法の開発(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 西田健志、常山幸一、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、野本一博、中西ゆう子、八田秀樹、井村穣二.鉄代謝異常解析モデルとしての自然発症メタボリックシンドロームモデルマウス(TSODマウス)の有用性(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、西田健志八田秀樹、常山幸一、井村穣二.肺末梢のciliated muconodular papillary tumorの1例(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、常山幸一、西田健志八田秀樹、井村穣二、寺畑信太朗.体部と卵管の上皮内伸展および腹膜播種で再発した子宮頸部CIS円錐切除後の一例(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 八田秀樹、常山幸一、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、西田健志、中西ゆう子、井村穣二.免疫染色における偽陰性‐切り置きにより抗原性が減弱した標本の賦活法‐(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 高木康司、下村明子、西田健志八田秀樹、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、常山幸一、井村穣二.高浸潤性膵癌株の樹立と浸潤能を規定する因子の同定(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 畠野真帆、竹下優、東松由羽子、中西ゆう子、八田秀樹、三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、常山幸一、井村穣二.乳腺の浸潤性微小乳頭癌の細胞極性を規定する因子の検討定(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)
  • 井村穣二、高木康司、下村明子、西田健志八田秀樹、南坂尚、三輪重治、中嶋隆彦、林伸一.高い浸潤性をもった膵癌細胞株の樹立と発現亢進因子の同定(第104回日本病理学会総会 平成27年4月30日~5月2日 名古屋)

2014年度

  • 三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、西田健志八田秀樹、常山幸一、井村穣二、中田直克、杉山敏郎.GIST診療におけるDOG1の診断マーカーとしての有用性と治療標的としての可能性(第11回日本消化管学会総会学術集会平成27年2月13日~14日 東京)
  • 澤谷和子.共同利用施設におけるFTリニアイオントラップ質量分析装置の運用報告:機器・分析技術研究会(2014.9.4-5)北海道大学
  • 常山幸一、西田健志、野本一博、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、八田秀樹、井村穣二.自然発症メタボリックシンドローム-発癌モデル(TSODマウス)の肝腫瘍の特徴(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 八田秀樹、常山幸一、野本一博、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、西田健志、中西ゆう子、井村穣二.神経・髄鞘染色法に対する超音波洗浄機の有効性(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 西田健志、常山幸一、野本一博、林伸一、三輪重治、中嶋隆彦、中西ゆう子、八田秀樹、井村穣二.メタボリックシンドローム―発癌モデル、TSODマウスに自然発症する悪性肝腫瘍の網羅的遺伝子発現解析(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 中嶋隆彦、西田健志八田秀樹、三輪重治、林伸一、野本一博、常山幸一、井村穣二.食道reflux gastroesophageal polypに見られたpseudomalignant erosionの1例(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 三輪重治、中嶋隆彦、林伸一、野本一博、西田健志八田秀樹、常山幸一、井村穣二.p57kip2染色が全奇胎パターンを呈し、ゲノムインプリンティング障害が疑われた流産例(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 林伸一、野本一博、三輪重治、中嶋隆彦、八田秀樹西田健志、常山幸一、井村穣二.肺扁平上皮癌を合併した多中心性細網組織球症の一剖検例(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)
  • 畠野真帆、高木康司、西田健志八田秀樹、中嶋隆彦、三輪重治、林伸一、常山幸一、小沼一紀、平修、一柳優子、井村穣二.肺癌ではGalCerが特異的に高発現している-質量分析を併用した検討(第103回日本病理学会総会 平成26年4月24日~26日 広島)

その他

  • 辰尾良秋高尾泰昌村上芳哉.第45回富山大学薬学部附属薬用植物園一般公開 2018年9月1日(土)~9月2日(日) 来園者:206名
  • 辰尾良秋高尾泰昌村上芳哉.第44回富山大学薬学部附属薬用植物園一般公開 2018年6月2日(土)~6月3日(日) 来園者:311名
  • 八田秀樹.富山県立大学非常勤講師(平成29年度~)
  • 八田秀樹.平成27-29年度戦略的基盤技術高度化支援事業に係る研究開発委員会 委員
  • 八田秀樹.NPO法人病理技術研究会 運営委員会役員
  • 八田秀樹.機器・分析技術研究会地域代表者 運営協議委員(平成25年10月~)
  • 八田秀樹、杉本茂.超音波装置を併用した組織標本作成の迅速化と標準化に向けた研究開発(平成29年度新商品・新事業創出公募事業研究成果報告会 平成30年3月19日 富山技術交流センター)
  • 八田秀樹.(平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第2回研究開発委員会 報告 平成30年2月10日 富山県新世紀産業機構)
  • 八田秀樹.(平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第1回研究開発委員会 報告 平成29年8月1日 富山県新世紀産業機構)
  • 八田秀樹.(平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第2回研究開発委員会 報告 平成29年3月29日 富山県新世紀産業機構
  • 八田秀樹.(平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第1回研究開発委員会 報告 平成28年7月29日 富山県新世紀産業機構)
  • 八田秀樹.免疫染色による培養効果の検証(平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第2回研究開発委員会 報告 平成28年2月13日 富山県新世紀産業機構)
  • 八田秀樹.免疫染色による培養効果の検証(平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業「再生医療研究による富山湾海洋深層水等張液を利用した研究用細胞培養液開発および高機能性化粧品開発」第1回研究開発委員会 報告 平成27年11月21日 富山県新世紀産業機構)
  • 常山幸一、八田秀樹、片口巌.体内に蓄積した重金属の排出を促し、毒性を緩和するサプリメントの開発(平成26年度新商品・新事業創出公募事業 研究成果報告会 平成27年3月23日 富山技術交流センター)
  • 常山幸一、渡邊俊介、高橋徹行、小川博久、上原久典、西田健志八田秀樹、馬場逸人、井村穣二.TSODマウスの有する新たな可能性を探る(第10回TSOD(肥満・糖尿病)マウス研究会情報交換会 平成27年3月6日 つくば国際会議場)
  • 八田秀樹.奨励研究採択の経験(平成27年度科研費(奨励研究)公募要領等説明会及び獲得のためのセミナー 平成26年11月17日 富山大学本部棟会議室)
  • 平田暁子、川原昌彦、中村善志、八田秀樹澤谷和子、田村隆文.全国規模の技術研究会(研究会)への参画―大学間の垣根を越えた人的ネットワークがもたらす本学への効果―(富山大学学際交流会 ポスターエントリー 平成26年3月10日 富山大学黒田講堂)
  • 高尾泰昌.16回加賀能登の薬草シンポジウム 野外薬草観察会 講師(2015.10.18)
  • 高尾泰昌.18回加賀能登の薬草シンポジウム 野外薬草観察会 講師(2017.10.22)
  • 高尾泰昌.19回加賀能登の薬草シンポジウム 野外薬草観察会 講師(2018.6.24)
  • 高尾泰昌.30年まで 公開講座 「楽しい薬用植物の育て方・殖やし方 中級編」
  • 高尾泰昌.30年まで 富山大学薬学部附属薬用植物園 春季・秋季一般公開
  • 村上芳哉. NPO法人富山のくすし 平成29年度春の薬用植物栽培講習会:富山県薬用植物栽培指導センター(2018.3.24)講演
  • 村上芳哉. NPO法人富山のくすし 理事着任(2018)
  • 村上芳哉. 呉藍(紅花)祭りin呉・薬草と活性化~市民参加・薬草シンポジウム~:広島国際大学(2016.7.2-3)講演、薬草観察会講師
  • 村上芳哉. 第16回加賀・能登の薬草シンポジウム:金沢大学(2015.10.18)野外観察会講師
  • 村上芳哉. 楽しい薬用植物の育て方・殖やし方 中級編:富山大学公開講座(2013~2018)
  • 村上芳哉. 富山大学薬学部附属薬用植物園 春季・秋季一般公開(2013~2018)

特許等

  • 藤野廣春辰尾良秋高尾泰昌、他.品種登録番号 第21347号 種類:Capsicum L:カハットエース
  • 八田秀樹、他.特願2007-152498号/特開2008-303182号:等張液
  • 八田秀樹、他.特願2008-202451号/特開2010-37275号:海洋深層水を原料とする外用剤
  • 八田秀樹.平成18年度第7回杉谷キャンパス発明審査会:職務発明『組織恒常性維持液』
  • 八田秀樹.平成20年度第2回杉谷キャンパス発明審査会:職務発明『海洋深層水分離加工技術より製した等張液の外用剤』
  • 八田秀樹.平成30年度第8回杉谷キャンパス発明審査会:職務発明『細胞培養用溶液の製造方法、細胞培養用溶液、液体培地、および細胞培養用処理液』『酸化ストレス抑制剤の製造方法および酸化ストレス抑制剤』